猫との生活、その他自分の好きなこと・・・ひとりごとです。
ジョン・アーヴィングの世界、映画「サイモン・バーチ」
2011年02月06日 (日) | 編集 |
ジョン・アーヴィングの小説
「オーエンのために祈りを」の映画化。

驚くほど小さく生まれたサイモン。
父母に可愛がられることもなく育ったのに、
高貴な心をもつ少年。

美しい母をもつジョーは父を知らない。
私生児の彼にとって、同じように悲しみを背負った
サイモンとの友情はかけがえのないものだった。

神様が英雄サイモンに与えた使命。
それは何だったのか?

神はなぜ、次々と彼らを悲しい目に合わせるのか?

憤りを覚える私とは裏腹に、
サイモンとジョーは逞しく強い絆で結ばれていく。

感動のクライマックスシーンには、息がつまった。

おしまいに、
サイモンは永遠にジョーのそばにいる。
そんな安堵感を与えられ、ほっとして映画を見終える。

悲しさの中に力強い明るさが輝いている
不思議な世界だった。

一瞬悪魔と思ってしまったが、
鹿は神だったのか、天使だったのか?

みんな、ボクの言葉に従ってくれた。
ボクの容姿のおかげだ。


サイモンのこの言葉が耳に残っている。

人がこの世に生まれてくる理由を
考えずにいられない。


映画の説明 ←クリック

Simon Birch,Trailer ←クリック 動画

ファンが作ったSimon Birch,Trailer ←クリック 動画

ジョーの母親、サイモンにもとても優しかった
アシュレイ・ジャッドの美しさが際立っていた。

ところで、
ジョーの父となってくれたベンの顔が
アルマジロに似ていると思ったのは私だけだろうか?(笑)

そよそよ
昼下がりの穏やかな日差しの中、
そよ風を感じているルビーさん。
静かなひとときに、私も幸せいっぱい。
手術がんばってくれて、ありがとう。


★ちょびっと政治★
知ってほしい。横浜市民の皆様に。

不透明すぎる横浜市道路建設事業団(上) 
不透明すぎる横浜市道路建設事業団(中)
不透明すぎる横浜市道路建設事業団(下)
今井川改修工事の住民訴訟 ←クリック
選挙難民にしてはいけない ←クリック(パート1、2、3)


里親募集中

 ←クリック

(最後までスクロールして小さい頃の画像も見てね)
応援歓迎。応援していただける方は、このバナーでお願いします。 

三毛猫よん
ライラちゃんをよろしくね♪


*おまけ*
発掘動画:Cat Tree ←クリック 
楽しそうだなぁ。ナチュラル猫タワー。憧れとしておきましょう。    
            
                         
ご訪問ありがとうございます。
ブログ村バナー、クリックしてもらえたら嬉しいです。お気持ちに感謝!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 完全室内飼いへ
にほんブログ村